酔狂家蝶 // 十九時辺境

日記風駄文

1:就職したい。

小ネタ。レポートそっちのけで書いてた。オチてないし終わってないので気まぐれ更新。



仮のタイトル、「タイトル未定」。左側のカテゴリでも。



続きからどうぞ。





 今日もぼんやり野草に埋もれながら、河川敷で野魚の数を数えていると、サンザシさんがやってきた。
「暇なんですね」
 挨拶とばかりに見上げて言う。思いっきりひねった首が痛くなった。
 思わず首に手をやる。今、鳴ってはいけない音がしなかったか。
 サンザシさんはどすんと腰を下ろし、心外だ+お前はどうなんだと目で問うてきた。
「野魚観察が仕事なんです。むしろ、それを仕事にしたい。そうだったらどんなにいいか」
 目を逸らしつつ、必死に言葉を紡ぐと、
「ほんとに暇なんだな」
 無口な人に言われた。無口な人にそれほどの長文を言わしめるだけの動向をしただろうか。
「違います、ホント忙しいんです、野魚観察と仕事探しに」
 今日は相当、挙動不審だ。ついでに墓穴を掘った気もする。
「小動物」
 サンザシさん、それは私のことですか。
  1. 2006/08/06(日) 23:36:40|
  2. タイトル未定 // 思い出したら更新中
  3. | コメント:0
<<2:この人にしては予想外 | ホーム | タイトル未定:はじめに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

切島

切島
* 生まれは蜜柑と梅干しの国
* 字書き、と見せかけて絵も描く

* 最近、ニートから準ニートにランクup

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

RSSフィード

ブログ内検索